産経WEST

【正木利和の審美眼を磨く】川端康成の目と吉仲正直の絵

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【正木利和の審美眼を磨く】
川端康成の目と吉仲正直の絵

吉仲正直「呂律妙」2014年 何必館・京都現代美術館蔵 吉仲正直「呂律妙」2014年 何必館・京都現代美術館蔵

 ノーベル文学賞を受賞し、日本の美というものを世界に知らしめた作家、川端康成(1899~1972年)は、大の美術ファンとしても名高い。

 それも、かなりスジのよい目をもっていたことで知られ、収集のテリトリーも古代の埴輪(はにわ)から現代アートの草間彌生まで、とにかく広かったらしい。

 ただ、やはり好きな分野というのはあって、本命は文人画だったのだという。

 1948年に16巻の全集を出したとき、その印税で池大雅、与謝蕪村の合作「十便十宜」を手に入れた。すでに重要文化財の指定を受けていたが、「お金はなんとかなるでしょう」といって購入したようだ。

 のちに、それは国宝の指定を受けることになる。

 ノーベル賞を受賞した記念講演は「美しい日本の私」というかたちで本になっているが、そのなかで川端は「東洋画の精神」として禅僧、一休の次の道歌をひく。

 《心とはいかなるものを言ふならん 墨絵に書きし松風の音》

 そうした日本の美の精神をもっともよく表現している、と川端が思ったに違いない絵を一枚挙げるとすれば、浦上玉堂の「凍雲篩雪図(とううんしせつず)」であろう。

 「別冊太陽」(平凡社)の「101人の古美術」のなかの川端の項には、この絵について次のように記されている。

 「さて、浦上玉堂の凍雲篩雪図であるが、これは何年越しかで川端がねらっていた絵で、幸運なめぐり合いで手に入れたものの由」

 この川端所蔵の雪景を描いた山水図もまた、国宝に指定されている。

 その絵は、画家が酔っては描き、醒(さ)めては筆を置きして描かれたものだといわれている。雪山の幻想的な雰囲気は筆の勢いにまかせて表現されている一方で、木々をはじめ山中で読書する人物には繊細な筆致が用いられ、雪に埋もれた自然の寂寥感が見事に描き出された玉堂畢生(ひっせい)の名画だ。

   □    □

 その「凍雲篩雪図」が脳裏に浮かんでくる絵を、京都市東山区の何必館・京都現代美術館( http://www.kahitsukan.or.jp/ )で開催されている「表象への祈り 吉仲正直展」で見た。

 それは、2014年に縦100センチ、横81センチのキャンバスに描かれた油彩画で「呂律妙(ろれつみょう)」と題されていた。

 きっと画家は支持体を白い絵の具で丹念にこしらえたに違いない。その上に散った黒い線。その線の集まったところに、うっすらとした物の影(かたち)が見える。

 その白が雪の色、線の集積が雪雲や山の形を思い起こさせるのである。

続きを読む

このニュースの写真

  • 川端康成の目と吉仲正直の絵
  • 川端康成の目と吉仲正直の絵

関連ニュース

「産経WEST」のランキング