産経WEST

ロッキード・マーティン幹部、イージスアショアに高性能レーダーSSRを提案

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ロッキード・マーティン幹部、イージスアショアに高性能レーダーSSRを提案

最新レーダー「SSR」では、ミサイル防衛の対応範囲が広がる 最新レーダー「SSR」では、ミサイル防衛の対応範囲が広がる

 政府が導入を閣議決定した地上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の基幹装置となるレーダーについて、製造メーカーのロッキード・マーティン(LM)が、米軍が2020年に導入予定の最新鋭「ソリッドステート・レーダー」(SSR)を日本側に提案していることが分かった。SSRは現行のイージスシステムより遠くの目標を発見できるなどの優位点がある。導入により弾道ミサイルに対する防衛能力が大きく高まるとしている。

 LM社でミサイル防衛などを扱うRMS事業部のブラッド・ヒックス担当副社長が産経新聞の取材に応じて明らかにした。

 ヒックス氏は日本のイージス・アショアに用いるレーダーについて複数の選択肢があると指摘。「イージス艦と同様のSPY-1D(V)のほか、ソリッド・ステート・レーダーシステムの提案もしている」と説明した。「米海軍のイージス艦や日本の海上自衛隊のイージス艦『あたご級』と(レーダー情報の共有などで)連携できるものになる」と述べた。

続きを読む

このニュースの写真

  • ロッキード・マーティン幹部、イージスアショアに高性能レーダーSSRを提案

「産経WEST」のランキング