産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】台風の目「ロサリオ」春の嵐を宣言…超ハイペース調整、2つの隠された危機管理とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
台風の目「ロサリオ」春の嵐を宣言…超ハイペース調整、2つの隠された危機管理とは

練習試合の楽天戦、豪快な本塁打を放つ阪神のウィリン・ロサリオ =沖縄県宜野座村のかりゆしホテルズボールパーク宜野座(宜野座村野球場、村本聡撮影) 練習試合の楽天戦、豪快な本塁打を放つ阪神のウィリン・ロサリオ =沖縄県宜野座村のかりゆしホテルズボールパーク宜野座(宜野座村野球場、村本聡撮影)

 ロサリオの超ハイペース調整には2つの隠された危機管理があります。阪神は沖縄の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」で春季キャンプ中です。話題はウィリン・ロサリオ内野手(28)一色ですね。練習試合、紅白戦で豪弾を連発し、本物の大砲襲来!! と金本知憲監督(49)ら首脳陣は目を見張っています。周囲の喧騒(けんそう)もどこ吹く風でロサリオは実戦への出場を直訴、練習でも手を抜かないハイペース仕上げですが、その裏には考え抜かれた理由があったのです。これはやるかもしれませんぞ!!

■ラミレスDeNA監督も顔しかめ「凄いパワー! 警戒せねば…」

 まさに日本球界の話題がロサリオ一色になっています。宜野座のグラウンドで日々、炸裂(さくれつ)する大きな放物線。11日に行われたDeNAとの練習試合では相手先発の飯塚から初球を左中間に放り込む本塁打。さらに13日の紅白戦でも秋山から同じ所にブチ込みました。連日のフリー打撃では左翼後方に張られた防球ネット越えのアーチを放ち、後方の道路を通行中の車にあわや直撃、というシーンも…。慌てた球団側はロサリオのフリー打撃中は道路の通行を禁止しましたね。

 打撃ケージ裏で見守る金本監督ら首脳陣は惚れ惚れする放物線に目を見張り、「ちょっと(これまでの助っ人とは)違うな」という片岡ヘッド兼打撃コーチの言葉が心境を表しているでしょう。 大砲襲来の情報は宜野座から日本球界に発信されています。他のキャンプ地でライバル球団の監督たちが「ロサリオは打つらしい」と異口同音に話しているのです。リーグ三連覇に挑む広島の緒方監督は「色々な人にロサリオについて聞いてみたんだ。その誰もが打つぞ…と言うんだ。本当に打つらしい」と話せば、巨人の高橋監督も「ロサリオはいいらしいね。打つって聞いている」とうんざりした表情を浮かべたそうです。

 11日の練習試合で目の前でパワーを見せつけられたDeNAのラミレス監督も「警戒しないといけないね。あのパワーは凄い」と顔をしかめました。

 まさにロサリオ警戒警報が日本球界を激しく揺さぶる事態なのですが、ロサリオ自身は手を抜くどころか、キャンプ初日からの超ハイペース調整を緩める気など全くないのです。特別待遇のない練習メニューを懸命に消化し、実戦への出場を休む気配もありません。どうしてか? そこにはロサリオが考える2つの危機管理があったのです。

研究熱心、そして「先発の違い」に…

このニュースの写真

  • 台風の目「ロサリオ」春の嵐を宣言…超ハイペース調整、2つの隠された危機管理とは

関連トピックス

「産経WEST」のランキング