産経WEST

基準超えるヒ素や鉛検出、滋賀・彦根の市庁舎増築地

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


基準超えるヒ素や鉛検出、滋賀・彦根の市庁舎増築地

 滋賀県彦根市は15日、市庁舎の増築予定地で、国の基準を超えるヒ素と鉛が検出されたと発表した。現庁舎の駐車場や前庭だった土地で、市は直ちに人体への影響はないとしている。

 市によると、調査した約2800平方メートルの28地点のうち、ヒ素は12地点で土壌汚染対策法が定めた基準値の最大約4倍、鉛は7地点で最大約5倍の値を検出した。周辺の土地の地下水は以前からヒ素の含有量が高いことが確認されていたという。

 市は「自然由来の可能性もあるが、偏在していることから人為的な原因も排除できない」としており、さらに詳細な調査を進める。

 昨年11月、施工業者が基礎工事前に行った調査で汚染が見つかり、同12月末から市が同法に基づいて調査していた。

「産経WEST」のランキング