産経WEST

【名作映画を見てみよう!】さすが中国3000年、いや4000年…強い信念が起こす奇跡 「カンフー・パンダ」(2008年)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【名作映画を見てみよう!】
さすが中国3000年、いや4000年…強い信念が起こす奇跡 「カンフー・パンダ」(2008年)

『カンフー・パンダ』ブルーレイ 発売中 1886円+税発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント 『カンフー・パンダ』ブルーレイ 発売中 1886円+税発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの子供、シャンシャン(香香、雌)が大人気です。

 昨年12月19日から一般公開が始まりましたが、観覧は抽選方式だったので応募倍率は最高で約140倍に。

 おまけに当初は観覧時間が短かかったため、観覧できない人が続出。1月23日からは観覧時間を延長しましたが、状況は大して変わらず。ようやく今月から先着順での公開になり、公開時間も閉園直前の午後4時45分まで延長しました。

 まだまだ人気が続きそうなシャンシャンですが、実は欧米でもパンダは大人気。そんな人気にあやかって制作されたのが、ハリウッドの3Dアニメ「カンフー・パンダ」(監督=マーク・オズボーン、ジョン・スティーブンソン、2008年)です。

 舞台は古代の中国。山奥にある“平和の谷”に危機が迫ります。凶悪なカンフー使いで刑務所に収監中のユキヒョウのタイ・ラン(声=イアン・マクシェーン)が脱獄。最強といわれる“龍の戦士”になるために必要な巻物を狙い、その巻物があるこの谷をめざしていることが分かります。

 仙人のようなカメ、ウーグウェイ導師(声=ランダル・ダク・キム)は、弟子のレッサーパンダ、シーフー老師(声=ダスティン・ホフマン)と思案。シーフー老師の弟子たちを含む優秀なカンフーの達人たちから“龍の戦士”を選び、対抗しようとします。

 ところが、導師が選んだのは、単なるカンフーおたくのラーメン屋の息子のジャイアントパンダ、ポー(声=ジャック・ブラック)だったのです…。

続きを読む

このニュースの写真

  • さすが中国3000年、いや4000年…強い信念が起こす奇跡 「カンフー・パンダ」(2008年)
  • さすが中国3000年、いや4000年…強い信念が起こす奇跡 「カンフー・パンダ」(2008年)
  • さすが中国3000年、いや4000年…強い信念が起こす奇跡 「カンフー・パンダ」(2008年)
  • さすが中国3000年、いや4000年…強い信念が起こす奇跡 「カンフー・パンダ」(2008年)

関連ニュース

「産経WEST」のランキング