産経WEST

忘れ物をスマホに通知するサービス 「なんばパークス」など2施設で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


忘れ物をスマホに通知するサービス 「なんばパークス」など2施設で

 忘れ物を持ち主のスマートフォンに通知するサービスが商業施設「なんばパークス」(大阪市浪速区)と「なんばCITY」(同市中央区)で始まった。両施設を運営する南海電鉄と情報通信会社「MAMORIO」(東京都)が共同で実施。南海は今後、駅などへの導入も検討するという。

 利用者は、MAMORIOの忘れ物防止用タグ(税込み3780円)を購入して財布や鍵などに取り付け、専用アプリをスマホにインストールしておく必要がある。この財布などが両施設の忘れ物保管場所に届けられると、タグが発信する電波を専用アンテナが捕らえ、持ち主に知らせる仕組み。

「産経WEST」のランキング