産経WEST

水道料金値下げへ 大阪・箕面市 年間最大1200円程度安く 7月から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


水道料金値下げへ 大阪・箕面市 年間最大1200円程度安く 7月から

 大阪府箕面市は、水道料金を値下げする方針を固めた。19日開会の定例議会に条例改正案を提案する。7月1日から実施予定で、子育て世帯が多いとみられる3~4人の家庭で値下げ幅が大きくなるよう料金体系を見直し、年間最大で1200円程度安くなるという。

 大阪市を除く府内市町村に水道水を提供している大阪広域水道企業団が4月1日から水道水の卸売価格を1立方メートルあたり75円から72円に値下げすることから、値下げ分を利用者に還元するのがねらい。箕面市は約87%の水道水を同企業団からの供給でまかなっている。実施日までに料金徴収システムの変更などを行う。

 年間の値下げ額は、基本料金で36円、単身世帯で300円程度まで、2人世帯では300~700円程度、3~4人世帯では700~1200円程度となる。

「産経WEST」のランキング