産経WEST

【千田嘉博のお城探偵】CASE3 名古屋城石垣の銘文 清正と家臣の物語刻む

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【千田嘉博のお城探偵】
CASE3 名古屋城石垣の銘文 清正と家臣の物語刻む

南西から見た名古屋城大天守台石垣(いずれも筆者撮影) 南西から見た名古屋城大天守台石垣(いずれも筆者撮影)

 先日、愛知県名古屋城の本丸をめぐる空堀底に降りて、大小天守台や本丸の石垣を調査した。名古屋城については、第二次世界大戦の空襲で焼失した大小天守を、木造再築する案を名古屋市が推している。しかし特別史跡として本質的な価値をもつ石垣や堀を壊してしまう再築は認められない。そこで天守の木造再築案とは切り離して、まずは石垣の現状調査を行い、必要な石垣修理の実施を検討することになった。名古屋城石垣部会の一人として堀底に降りたのも、石垣を調査し、必要な修理などの保全策を立案するためであった。(この記事は、平成29年9月20日付文化面に掲載されたものです)

 ■清正の理論示す設計

 名古屋城は、徳川家康が大坂城の豊臣秀頼との決戦に備えて1609(慶長14)年正月に築城を決めた。11月になって家康は加藤清正や福島正則、細川忠興、黒田長政など西国を中心にした20の大名に普請(堀を掘り、石垣を築く土木工事)を命じた。工事は急ピッチで実施され、驚くことに翌年の9月頃までに天守台や本丸など主要部の石垣が完成した。

 このうち名古屋城の大小天守台石垣は、加藤清正が望んで独力で築き上げた。清正は豪放な武将イメージが強い。しかし居城の熊本城を訪ねれば、精緻な城の設計に清正の理論的な考え方を体感できる。そして、この名古屋城大小天守台石垣に接すれば、清正が家臣や領民から慕われ、加藤家が無敵の強さと結束力を誇った理由がはっきり見えてくる。

続きを読む

このニュースの写真

  • CASE3 名古屋城石垣の銘文 清正と家臣の物語刻む
  • CASE3 名古屋城石垣の銘文 清正と家臣の物語刻む
  • CASE3 名古屋城石垣の銘文 清正と家臣の物語刻む

「産経WEST」のランキング