産経WEST

呼吸チューブを誤って食道に挿入 2カ月女児、一時心肺停止、意識不明に 重度障害の可能性 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


呼吸チューブを誤って食道に挿入 2カ月女児、一時心肺停止、意識不明に 重度障害の可能性 

 大阪市民病院機構は14日、運営する大阪市立総合医療センター(同市都島区)で昨年9月、心臓手術を受けた当時生後2カ月の女児に対して気管に挿入するチューブを誤って食道に入れ、女児が一時心肺停止となるミスがあったと発表した。女児は低酸素脳症による後遺症があり、現在も意識が戻っていない。センター側は家族に謝罪した。

 同機構によると、昨年9月19日に手術があり、呼吸を管理するため、女児の気管にチューブを挿入。状態が安定してきたため、同22日にいったんチューブを抜いた。

 その後、女児の呼吸が不安定となったため、担当医師が再びチューブを口から挿入。しかし、呼吸の状態は改善せず、女児は約30分間心肺停止状態となった。蘇生措置を行い、原因を調べたところ、チューブが気管ではなく食道に誤って挿入されていたことが判明した。医師は誤挿入に気付かなかったという。

 女児は集中治療室で治療を続けており、今後重度の障害が残る可能性があるという。センター側は「慰謝料などの損害賠償も対応していきたい」としている。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング