産経WEST

マンション反対の男性無罪 運動中、暴行罪に問われ 名古屋地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


マンション反対の男性無罪 運動中、暴行罪に問われ 名古屋地裁

 名古屋市瑞穂区のマンション建設に反対する運動中に、現場責任者の男性を突き飛ばし、ダンプカーと接触させたなどとして、暴行罪に問われた反対運動のリーダー格の薬剤師の被告男性(61)=同区=に、名古屋地裁(小川貴紀裁判官)は13日、「被害男性の証言を全面的には信用できない」として無罪(求刑罰金15万円)の判決を言い渡した。

 男性は「被告に両手で押された」と主張したが、小川裁判官は判決理由で「現場を撮影していた防犯カメラの画像記録からは、被告が両腕を組んでいたことが認められ、証言と整合しない」と指摘した。

 被告は平成28年10月7日、瑞穂区のマンション建設現場で現場責任者の男性ともみ合いとなり、両手で男性の胸を突き転倒させ、後方を走るダンプカーと接触させたとして、愛知県警に現行犯逮捕され、その後起訴されていた。

「産経WEST」のランキング