産経WEST

和歌山県議、2審も有罪 4・9億円脱税の共謀認定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


和歌山県議、2審も有罪 4・9億円脱税の共謀認定

 社会福祉法人に対する遺産の寄付を装った相続税約4億9千万円の脱税事件に協力したとして、相続税法違反の罪に問われた和歌山県議、花田健吉被告(59)の控訴審判決で、大阪高裁は13日、懲役1年6月、執行猶予3年、罰金500万円とした1審大阪地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 弁護側は上告する方針。花田被告は閉廷後の取材に「納得できない」と話し、議員辞職については否定した。

 和田真裁判長は判決理由で「遺産相続人らから依頼され、脱税計画を理解した上で、寄付を受け入れる法人探しという不可欠な役割を果たした」と指摘。弁護側は「脱税とは知らず、相続人らとの共謀はない」と無罪を主張したが「遺産の大部分が浪費され、寄付に実態がないことを知っており、不法行為だと認識していた」と退けた。

 判決によると、兄の遺産を相続した不動産管理業の男ら5人=相続税法違反罪などでいずれも有罪判決=と共謀し、平成26年9月、遺産の大部分を社会福祉法人に寄付したように装って相続税を免れた。

「産経WEST」のランキング