産経WEST

ジブリパークに調査など3千万円 愛知県の30年度当初予算

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ジブリパークに調査など3千万円 愛知県の30年度当初予算

 愛知県は13日、一般会計を2兆4939億円とする平成30年度当初予算案を発表した。29年度当初比1・1%減。2020年代初頭の開業を目指す「ジブリパーク」(仮称)の実現に向けた経費として3千万円を計上した。

 パークは、スタジオジブリと協力し、同県長久手市の愛・地球博記念公園にアニメ映画「となりのトトロ」の世界観などを再現する構想。18年度は同公園の動植物の生態系調査などを行う。

 大相撲名古屋場所の会場としても使われる「愛知県体育館」(名古屋市中区)を名古屋城北側の公園に新築移転する費用は1億円で、基本計画を策定する。

 このほか、自動運転車の実証実験に1900万円、中部空港(同県常滑市)周辺でのクルーズ船係留施設の整備検討に1800万円を充てる。

 歳入では、企業収益の改善で法人税収が29年度当初比で565億円(19・0%)増える。しかし、一部の財源を名古屋市へ移すため、2年連続の減額予算となった。

「産経WEST」のランキング