産経WEST

高倉照幸氏が死去 西鉄黄金時代の1番打者

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高倉照幸氏が死去 西鉄黄金時代の1番打者

 元プロ野球西鉄、巨人、ヤクルトでプレーした高倉照幸(たかくら・てるゆき)氏が12日午前、福岡市内の病院で死去した。83歳。

 熊本商高から1953(昭和28)年に西鉄(現西武)に入団し、俊足巧打の外野手として“野武士軍団”と呼ばれた西鉄黄金時代を支えた。知将、三原脩監督の下、1番打者として大下弘、中西太、豊田泰光が中心の「流線形打線」の一翼を担うなど日本シリーズで巨人を56年から3年連続で破った。

 67年に巨人、69年にアトムズ(現ヤクルト)に移籍し、70年限りで現役を引退。通算成績は18年間で1793試合に出場して1611安打、打率2割7分6厘、168本塁打、640打点。

「産経WEST」のランキング