産経WEST

【平昌五輪】ジャンプ高梨、4年越しのメダルから一夜明け「ほっとしたのと悔しい気持ちが半々」 モーグル原は「実感なく」 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【平昌五輪】
ジャンプ高梨、4年越しのメダルから一夜明け「ほっとしたのと悔しい気持ちが半々」 モーグル原は「実感なく」 

銅メダルを獲得から一夜明け、喜びをガッツポーズで表現する高梨沙羅(左)と原大智=13日午前、韓国・平昌(桑村朋撮影) 銅メダルを獲得から一夜明け、喜びをガッツポーズで表現する高梨沙羅(左)と原大智=13日午前、韓国・平昌(桑村朋撮影)

 【平昌(ピョンチャン)=原川真太郎】平昌冬季五輪でともに銅メダルを獲得したノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(さら)=クラレ=と、フリースタイルスキー男子モーグルの原大智(だいち)=日大=が13日、五輪スタジアム近くにあるジャパンハウス内で記者会見。改めてメダリストとなった心境を語った。

 下馬評では圧倒的に有利とされていた前回ソチ五輪では、金メダルを期待されながら失速し、まさかの4位に終わった高梨。「ソチが終わってから、悔しい気持ちを原動力にしてやってきた」と4年間を振り返り、「目標としていた金メダルには届かなかったが、今はほっとした気持ちと悔しい気持ちが半々です」と心情を吐露した。

 雪辱の舞台となった平昌では、1回目で3位につけると、2回目も好飛躍を見せて順位を落とさず、成長を印象づけた。「本番では2本とも、自分の納得がいくジャンプが飛べた。何より、楽しんで飛べたのが収穫」と笑顔で話した。

 一方、今大会の日本勢に勢いをつけるメダル第1号となった原は、ワールドカップ(W杯)の最高成績が4位。世界の舞台で初の表彰台が五輪となった。「実感がなくて、本当に自分が銅メダルを取ったのかなと思っている」と、はにかんだ。

▼【関連ニュース】高梨「次の北京こそ金メダル!」 SNS祝福に「一つ一つの言葉がご褒美」

このニュースの写真

  • ジャンプ高梨、4年越しのメダルから一夜明け「ほっとしたのと悔しい気持ちが半々」 モーグル原は「実感なく」 
  • ジャンプ高梨、4年越しのメダルから一夜明け「ほっとしたのと悔しい気持ちが半々」 モーグル原は「実感なく」 
  • ジャンプ高梨、4年越しのメダルから一夜明け「ほっとしたのと悔しい気持ちが半々」 モーグル原は「実感なく」 
  • ジャンプ高梨、4年越しのメダルから一夜明け「ほっとしたのと悔しい気持ちが半々」 モーグル原は「実感なく」 

「産経WEST」のランキング