産経WEST

丸くて小さい魚「ナメダンゴ」12匹、愛くるしい姿で人気 愛媛・松野町「虹の森公園おさかな館」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


丸くて小さい魚「ナメダンゴ」12匹、愛くるしい姿で人気 愛媛・松野町「虹の森公園おさかな館」

アクアマリン福島から寄贈されたナメダンゴ アクアマリン福島から寄贈されたナメダンゴ

 愛媛県松野町の「虹の森公園おさかな館」に、丸くて小さくてかわいらしい「ナメダンゴ」12匹がお目見えした。

 ナメダンゴはカサゴ目ダンゴウオ科で、体長は2~3センチ、体色は黄色やオレンジ色で丸い魚体が愛くるしいと人気だ。

 寒い海に生息するため、愛媛近海では見ることのできない珍しい魚。

 展示されている12匹は福島県いわき市の「アクアマリン福島」から寄贈、3日から公開されている。同館によると、餌もよく食べているという。

 入館料は高校生以上900円、小・中学生400円、3歳以上200円。問い合わせは同館(電)0895・20・5006。

「産経WEST」のランキング