産経WEST

【今週の注目記事】ロケ地は足で稼げ―あの「倍返し」の“視聴率請負人”が挑む映画「祈りの幕が下りる時」、成功の方程式とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
ロケ地は足で稼げ―あの「倍返し」の“視聴率請負人”が挑む映画「祈りの幕が下りる時」、成功の方程式とは

福澤克雄監督を指名したのは主演の阿部寛だった (C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会 福澤克雄監督を指名したのは主演の阿部寛だった (C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 いま“最も視聴率を稼ぐ男”と呼ばれるドラマ演出家が監督を務めた映画「祈りの幕が下りる時」が全国で公開されている。視聴率50パーセントを叩(たた)き出したドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」、「陸王」などを手掛けたTBSのドラマ制作部に所属する福澤克雄監督。「もともと私は映画監督志望だったんです。でも両方やってみて分かりました。作品によってドラマ向き、映画向きがあり、ケース・バイ・ケースで作り分けるべき。私は両方続けていきたい」。果たしてヒットの方程式はあるのか? “視聴率請負人”に映像作りの極意を聞いた。

 (戸津井康之)

師の教えで撮った傑作

 公開中の「祈りの幕が下りる時」は作家、東野圭吾の小説を原作に、平成22年から8年間続いた人気ミステリードラマ「新参者」シリーズの最終章となる劇場版だ。

 主人公は、阿部寛演じる日本橋署のベテラン刑事、加賀恭一郎。今回の完結編では、なぜ、加賀が日本橋署の“新参者”となったのか-というシリーズ最大の謎が明かされる。

 《東京・葛飾のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は滋賀県在住の押谷道子。アパートの住人、越川睦夫も行方不明になっていた。捜査線上に浮かんできたのは舞台演出家の浅居博美(松嶋菜々子)。加賀(阿部)は捜査を進めるうちに、幼い頃に失踪した母がこの事件に関連していることに気付く…》

 今作のロケ地は東京、滋賀県など全国各地、広範囲に及んだ。

 「ロケの候補地は全国に広がりましたが、自分の足で歩いて探しました」と福澤監督は語る。

続きを読む

このニュースの写真

  • ロケ地は足で稼げ―あの「倍返し」の“視聴率請負人”が挑む映画「祈りの幕が下りる時」、成功の方程式とは
  • ロケ地は足で稼げ―あの「倍返し」の“視聴率請負人”が挑む映画「祈りの幕が下りる時」、成功の方程式とは
  • ロケ地は足で稼げ―あの「倍返し」の“視聴率請負人”が挑む映画「祈りの幕が下りる時」、成功の方程式とは

関連ニュース

「産経WEST」のランキング