産経WEST

世界遺産の「白鷺城」望み1万人疾走 姫路城マラソン 兵庫 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界遺産の「白鷺城」望み1万人疾走 姫路城マラソン 兵庫 

快晴の冬空の下、力走するフルマラソンのランナーら=姫路市内 快晴の冬空の下、力走するフルマラソンのランナーら=姫路市内

 兵庫県姫路市で11日、「世界遺産姫路城マラソン2018」が開催され、約1万1千人のランナーが快晴の下、国宝の大天守を望むコースを駆け抜けた。東日本大震災の後、姫路市が職員派遣などの支援を続ける宮城県石巻市の小学生も昨年に続いて招待され、2キロのコースを走った。

 姫路城マラソンは、「平成の修理」が終わった2015年に始まり4回目。4年連続参加のタレント間寛平さんも5キロを走り「天気が最高で今年の姫路城が一番きれいだ」と満足そうだった。

 石巻市の小学生は24人が完走。市立蛇田小6年藤田紫穏君(12)は「石巻は空き地にも家がいっぱい建ってきた。ファイトの声援で元気が出た」と笑顔。津波が自宅まで押し寄せたという市立鹿妻小6年阿部美優さん(12)は「姫路市との絆がずっと続いてほしい」と話した。

「産経WEST」のランキング