産経WEST

【諫早問題】福岡側、佐賀漁業者の説得を提案

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【諫早問題】
福岡側、佐賀漁業者の説得を提案

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門に代わる措置として国が提示する100億円の漁業振興基金案を巡り、受け入れを見送った佐賀と基金案に賛同する福岡、熊本の漁業団体の協議が10日行われた。福岡側が佐賀の漁業者を直接説得したいと提案。熊本側も賛同し、佐賀側が検討することになった。参加者が明らかにした。

 福岡県柳川市での非公開の会合で、佐賀県有明海漁協が、漁業不振が深刻な県南西部の意見も踏まえ、開門を巡る訴訟の動向を見守るとして9日、結論を先送りした経緯を説明した。

 農林水産省の担当者も参加し、国が漁業者側に開門を強制しないよう求めた福岡高裁での請求異議訴訟が26日に結審する見通しなどを伝えた。

 会合後、福岡有明海漁連の西田晴征会長は記者団に「佐賀は受け入れないと決めたわけではない。26日までに(基金による振興の)思いを直接伝えたい」と強調。拒まれたら「諦める」とした。

「産経WEST」のランキング