産経WEST

脱税の弁護士ら2人に有罪判決 大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


脱税の弁護士ら2人に有罪判決 大阪地裁

 所得税と法人税計約1億7千万円を免れたとして、所得税法違反と法人税法違反の罪に問われた弁護士の宮本裕天(ひろたか)(35)、会社役員の鬼沢礼志(50)の両被告の判決公判が9日、大阪地裁で開かれ、棚村治邦裁判官は「調査の及びにくい海外法人を利用して複雑なスキームを構築するなど、犯行は計画的かつ巧妙で悪質」として、懲役3年、執行猶予4年、罰金2千万円(求刑懲役3年、罰金4千万円)を言い渡した。

 判決によると、両被告はモバイル端末販売会社の男性社長=法人税法違反罪で有罪確定=と共謀して架空の投資損失を計上するなど、計3件で法人税と所得税計約8億2千万円を隠した。

「産経WEST」のランキング