産経WEST

任侠山口組に26日聴取を通知 兵庫県公安委、指定暴力団化向け

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


任侠山口組に26日聴取を通知 兵庫県公安委、指定暴力団化向け

 指定暴力団神戸山口組を離脱した勢力が昨年4月に結成した暴力団組織「任侠(にんきょう)山口組」(兵庫県尼崎市)を暴力団対策法の規制対象となる指定暴力団に指定するため、兵庫県公安委員会は9日、意見聴取を26日に実施することを任侠側に通知し、神戸市中央区の県警本部前掲示板で公示した。

 県警によると、任侠山口組の勢力範囲は1都1道2府12県に及び、構成員数は約460人。聴取は26日午後4時半から県警本部で公開で行われる。県公安委は結果を踏まえ、指定要件を満たすかどうかの確認を国家公安委に要請する。

 意見聴取は指定暴力団の指定に先立ち、公安委が組側の意見を聞くために実施される。暴対法が施行された平成4年、山口組への初の聴取には組幹部らが出席したが、3年ごとの再指定の際には欠席。28年4月に初指定された神戸山口組は出席しなかった。

「産経WEST」のランキング