産経WEST

「前髪は眉が見える長さ」校則理由に教員が生徒44人の頭髪切る 富山の県立高

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「前髪は眉が見える長さ」校則理由に教員が生徒44人の頭髪切る 富山の県立高

 富山県立水橋高(富山市)で平成29年4月以降、頭髪に関する校則の基準を満たすためとして、教員6人が生徒の男女44人の髪を切っていたことが9日、県教委や同校への取材で分かった。県教委の広島伸一教職員課長は「行きすぎた指導で遺憾だ。もし処分が必要と判断すれば厳正に対処する」と指摘している。

 県教委や同校によると、外部からの指摘を受けた同校が今月、全教員に聞き取り調査して判明。教員らは、毎月1回行っている頭髪検査で繰り返し指導しても校則を守らない生徒の髪を切ったと説明。同意は得たとしている。

 校則では、男女とも前髪は眉が見える程度の長さとし、男子の側頭部は耳に髪がかからないようにするなどと定めている。同校の生徒は477人。

 中田靖弘校長は「学校として髪を切るという方針はなく、あってはならないこと。生徒や保護者におわびしたい」と話している。

▼【関連ニュース】元教諭「荒れた学校で教えてみなさい」 茶髪の禁止、儒教の倫理観…

関連ニュース

「産経WEST」のランキング