産経WEST

【関西の議論】「違いのわかる大人の女性」ターゲット 今年のバレンタインは作り手も“女子押し”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「違いのわかる大人の女性」ターゲット 今年のバレンタインは作り手も“女子押し”

オーストラリア在住の中村有希さんが手がけるナカムラチョコレートは珍しいアボリジニの食材が使われる=あべのハルカス近鉄本店 オーストラリア在住の中村有希さんが手がけるナカムラチョコレートは珍しいアボリジニの食材が使われる=あべのハルカス近鉄本店

 バレンタイン商戦まっただ中の各百貨店は、見た目がかわいいインスタ映えするチョコレートや会場でのイートインなど、女性の目や舌を楽しませ、訪れる客の滞在時間を長く、何度でも来店してもらえるようにあの手この手で工夫を凝らしている。今年は「違いが分かる大人の女性」をターゲットに、今まであまり注目されていなかった女性ショコラティエが作るチョコレートを押す百貨店が増えている。(木村郁子)

「女性らしさ」を特徴に

 ショコラティエと呼ばれるチョコレート職人は、他の料理人と同様に、男性が多いのが特徴だ。チョコレートに触る手の温度が男性より高いうえ、体調によって味が一定しないことから、女性が少ないとも言われている。ただ、百貨店が女性ショコラティエをプッシュするのは、この時期、購入する客のほとんどが女性のため。見た目や味の好みなど、女性のほうが女性のことを理解しているからだ。

 高島屋大阪店は今年、ギリシャの「ミナ・ハンドメイドチョコレート」、フランス・ボルドーの元ファッションモデルが手がける「アスナ」をはじめとする海外ブランドのほか、兵庫・西宮発の「デリスモア」、大阪・上本町発の「ル・プティ・ボヌール」など女性ショコラティエ6人のブランドを展開する。

 高島屋大阪店洋菓子バイヤーの古川泰照さんは、「約4年前から女性が作るチョコレートの取り扱いを増やしています。百貨店側としても、買い手のほとんどが女性であるなら、作り手である女性を応援したい、と大阪から始まりました。今では全店に広がっています」という。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「違いのわかる大人の女性」ターゲット 今年のバレンタインは作り手も“女子押し”
  • 「違いのわかる大人の女性」ターゲット 今年のバレンタインは作り手も“女子押し”
  • 「違いのわかる大人の女性」ターゲット 今年のバレンタインは作り手も“女子押し”

関連ニュース

「産経WEST」のランキング