産経WEST

【銀幕裏の声】“視聴率請負人”が挑む映画…「祈りの幕が下りる時」 福澤克雄監督

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
“視聴率請負人”が挑む映画…「祈りの幕が下りる時」 福澤克雄監督

福澤克雄監督を指名したのは主演の阿部寛だった (C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会 福澤克雄監督を指名したのは主演の阿部寛だった (C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 「いったい誰が見るのか」という当初の“局幹部の予想”を大きく裏切り、初回放送から全国の視聴者の心をわしづかみにし、「倍返しだ!」の名台詞とともにテレビドラマ史に「半沢直樹」の名は刻まれる。

テーマは働く者の誇り

 「働く人たちに誇りや自信を取り戻してほしい。日本人にもっと元気になってほしい…。そんな思いでドラマや映画を作っていきたいんです。『半沢直樹』の映画化? ぜひやりたいですね」と福澤監督は笑った。

 ドラマ演出に映画監督。ハードスケジュールは続くが、撮影現場で苦しいと思ったことはないという。「人生において学生時代のラグビーの練習ほど苦しかった経験はない。いまだに夏合宿の夢を見ますからね」

 最後に「ドラマや映画作りにおいて、ヒットの方程式はあるのか?」と聞くと、「そんなものはありませんよ。作る度に悩んでいます」と即答し、豪快に笑い飛ばした。

このニュースの写真

  • “視聴率請負人”が挑む映画…「祈りの幕が下りる時」 福澤克雄監督
  • “視聴率請負人”が挑む映画…「祈りの幕が下りる時」 福澤克雄監督
  • “視聴率請負人”が挑む映画…「祈りの幕が下りる時」 福澤克雄監督

関連トピックス

「産経WEST」のランキング