産経WEST

聖教新聞販売店銃撃事件、工藤会系組員ら2人逮捕 組織的に捜査攪乱か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


聖教新聞販売店銃撃事件、工藤会系組員ら2人逮捕 組織的に捜査攪乱か

 福岡県直方市で平成23年6月、聖教新聞販売店に銃弾が撃ち込まれる事件があり、県警は7日、銃刀法違反(加重所持、発射)の疑いで特定危険指定暴力団工藤会系組員、嶺隆啓容疑者(36)=別の事件で服役中=と、元組員藤岡孝一容疑者(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は23年6月5日、直方市溝堀1丁目の聖教新聞直方販売店に向けて拳銃1発を発射し、2階窓ガラスに銃弾を撃ち込むなどした疑い。

 県警によると、販売店は2階建てで1階が店舗、2階が住居だった。窓のサッシに弾のようなものがめり込んでいるのが見つかっていた。

 県警によると、被害店舗と工藤会との間に関係性はなかった。福岡県内では23年中に発砲事件が18件発生しており、組織的に捜査をかく乱しようと無差別に銃撃した疑いもあるとみて調べる。

「産経WEST」のランキング