産経WEST

【陸自ヘリ墜落】機体の下から新たに遺体

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【陸自ヘリ墜落】
機体の下から新たに遺体

陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリが墜落した現場(奥)を視察した佐賀県の山口祥義知事(手前)ら=6日午前、佐賀県神埼市 陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリが墜落した現場(奥)を視察した佐賀県の山口祥義知事(手前)ら=6日午前、佐賀県神埼市

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、機体の下から、行方不明の操縦士、斉藤謙一2等陸佐(43)とみられる遺体が見つかった。

 事故では副操縦士の高山啓希1等陸曹(26)も死亡。斉藤2佐が機長だった。陸自と県警などは6日、業務上過失致死と航空危険行為処罰法違反の容疑で現場検証。フライトレコーダー(飛行記録装置)を回収し、事故原因の解明を進める。

 事故機は50時間の飛行ごとにメインローターヘッドを点検。小野寺防衛相は記者会見で「定期検査に加え、1750時間飛んだ後(メインローターヘッドを)交換するという時期が来ていた」と話した。

 陸自によると、定期点検を終えたヘリは5日午後、目達原駐屯地(同県吉野ケ里町)で試験飛行を実施した。午後4時35分に管制官から離陸許可を出され、36分に離陸。38分に管制官と交信した際には、トラブルは確認されなかった。

 その後、管制官が目視で異常に気付き、ヘリに呼び掛けたが応答はなく、43分に駐屯地から約6キロ離れた神埼市千代田町の住宅に墜落した。

「産経WEST」のランキング