産経WEST

「巫女」に似て「パンダガモ」の愛称もある冬鳥ミコアイサ、ユニークな姿披露 鳥取・米子の日野川

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「巫女」に似て「パンダガモ」の愛称もある冬鳥ミコアイサ、ユニークな姿披露 鳥取・米子の日野川

ユニークな姿を披露するミコアイサ=鳥取県米子市 ユニークな姿を披露するミコアイサ=鳥取県米子市

 「パンダガモ」とも呼ばれる冬鳥ミコアイサが、鳥取県米子市の日野川で越冬し、ユニークな姿を披露している。

 山陰地方が大雪に見舞われた4日午後は、白い体が目立つ雄3羽が、餌の魚を探して盛んに潜水を繰り返す姿が見られた。雌は地味な茶褐色。ともに全長42センチ。

 ユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、日本でも越冬する。鳥名の由来は、「巫女(みこ)」に似ているからだが、最近では目の周りが黒いことなどで、パンダガモとも呼ばれている。間もなく旅立ちの季節を迎える。

 

「産経WEST」のランキング