産経WEST

骨肉腫のがん幹細胞維持を担うタンパク質を特定…滋賀医大

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


骨肉腫のがん幹細胞維持を担うタンパク質を特定…滋賀医大

 滋賀医科大(大津市)は、茶野徳宏准教授がイタリアのボローニャ大学と進めていた骨肉腫の共同研究で、がん細胞を作り出している細胞の活動を支えるタンパク質を特定したと発表した。1月に論文が米国のオンライン科学雑誌に掲載された。このタンパク質を阻害することで、がんの転移や再発を抑えることが期待できるという。

 がん細胞を作り出している細胞は「がん幹(かん)細胞」と呼ばれ、がんの転移や再発の原因とされる。通常の抗がん剤などで取り除くことは難しく、治療のネックの1つになってきた。

 茶野准教授らが特定したのは、がん幹細胞の活動に不可欠とみられる「RAB(ラブ)39A」というタンパク質。正常な細胞にはほとんど現れず、がん細胞やがん幹細胞でみられるタンパク質という。

 正常な細胞と骨肉腫の細胞を比較し、約2万種類の候補の中からがんに関係しているとみられるタンパク質を約10種類まで絞り込んだ。その後、培養実験や動物実験などで、RAB39Aががん幹細胞を維持していることを突き止めた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング