産経WEST

【京大入試ミス】1点差不合格から追加合格…数学者志し「報われた」 学生ら喜びと戸惑い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【京大入試ミス】
1点差不合格から追加合格…数学者志し「報われた」 学生ら喜びと戸惑い

2017年の一般入試の出題ミスについて、記者会見の冒頭で謝罪する京都大の北野正雄副学長(中央)ら=2月1日午後、京都市 2017年の一般入試の出題ミスについて、記者会見の冒頭で謝罪する京都大の北野正雄副学長(中央)ら=2月1日午後、京都市

 「努力が報われた」。京都大の入試ミスで、追加合格の一報を受けたという慶応大1年の男子学生(19)=横浜市=は突然の知らせを喜んだ。数学者を志し、第1志望だった京大理学部に移るという。ただ「周りと1年違ってしまった」と複雑な心境も明かした。

 男子学生によると、昨年2月の試験では1点差で不合格に。慶応大理工学部に進み「ようやく気持ちの整理をつけた」ところだった。ニュースで追加合格者が出ると知り「『もしかして』という気持ちで大学の試験勉強が手に付かなかった」と苦笑いした。

 1日夕、京大の連絡を受けた母親から「受かっていたよ」とメッセージが届いた。「現役合格にこだわってきた」だけに、喜びはひとしおだ。

 京大は別の大学から移る学生について、修学状況に応じて2年次からの転入も認める方針だが、「違う大学なので、不安もある」。一方、新入生として入学すれば、再び1年生として過ごすことになる。「突然だったので、もう少し悩んでから決めたい」と話した。

「産経WEST」のランキング