産経WEST

大阪府警巡査長を逮捕 京都で強制わいせつ疑い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府警巡査長を逮捕 京都で強制わいせつ疑い

 京都市の路上で女性の体を触ったとして、京都府警は1日、強制わいせつの疑いで、大阪府警南署の巡査長、村上礼祥容疑者(26)=京都市西京区大枝西新林町=を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年9月13日午後11時5分ごろ、同区の住宅街の路上で、徒歩で帰宅途中の女性店員(22)の胸や下半身を触ったとしている。

 京都府警によると、現場周辺では、昨年4~10月の夜間に10~40代の女性が狙われた同様の被害が5、6件相次いで発生しており、関連を調べている。

 村上容疑者は南署の直轄警察隊に所属。「間違いない」と容疑をおおむね認めている。

 大阪府警の宮田雅博監察室長は「警察官として言語道断の行為。被害者におわびするとともに厳正に対処する」とのコメントを出した。

「産経WEST」のランキング