産経WEST

訪日客向けICカード実験 600カ所でサービス 中部運輸局、観光戦略強化

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


訪日客向けICカード実験 600カ所でサービス 中部運輸局、観光戦略強化

 中部運輸局などは1日、訪日外国人向けの交通系ICカード「セントラル・ジャパン・トラベル・カード」の実証実験を始めた。東海や北陸の観光地約600カ所でカードを提示すると割引サービスなどを受けられる。利用履歴で訪れた場所を分析し、観光戦略の強化につなげる。

 中部空港で3月10日まで販売する。1枚2千円で、うち保証金が500円、残り1500円を鉄道やバス、コンビニなどで使える。チャージも可能。「manaca(マナカ)」をベースにし、外国人に好まれるよう表面に名古屋城の写真をあしらった。

 中部運輸局の担当者は「訪日客は日本人が考えもしない場所を訪れる。隠れた観光地の発掘につなげたい」と話した。

「産経WEST」のランキング