産経WEST

「スイッチ」好調の任天堂、7年ぶり売上高1兆円超に 3月期業績予想

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「スイッチ」好調の任天堂、7年ぶり売上高1兆円超に 3月期業績予想

任天堂が昨年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」 任天堂が昨年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」

 任天堂は31日、平成30年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高が前期比約2・1倍の1兆200億円になる見通しだと発表した。昨年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調なためで、1兆円突破は7年ぶり。スイッチの世界販売目標も1400万台から1500万台に引き上げた。31年3月期は2千万台以上を目指す。

 売上高の予想は昨年10月に7500億円から9600億円に上方修正していたが、さらに引き上げた。最終利益の見通しも850億円から1200億円に上方修正した。

 スイッチの世界販売は昨年12月末時点で1213万台を達成。ソフトも昨年10月に発売した「スーパーマリオ オデッセイ」が907万本の売り上げを記録するなど収益に大きく寄与した。

 大阪市で記者会見した君島達己(きみしま・たつみ)社長は、スイッチについて「勢いとしては(累計1億台の大ヒットとなった)Wii(ウィー)を超える販売台数を実現してきている」と手応えを強調した。

 同時に発表した29年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比約2・8倍の8570億円、最終利益が31・3%増の1351億円だった。

このニュースの写真

  • 「スイッチ」好調の任天堂、7年ぶり売上高1兆円超に 3月期業績予想

「産経WEST」のランキング