産経WEST

【動画】格安「高架下ホテル」インバウンドに照準 南海電鉄「ボン・ホステル」2月1日開業

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
格安「高架下ホテル」インバウンドに照準 南海電鉄「ボン・ホステル」2月1日開業

南海電鉄の高架下に2月1日オープンする宿泊施設「ボン・ホステル」 =1月30日、大阪市浪速区(前川純一郎撮影) 南海電鉄の高架下に2月1日オープンする宿泊施設「ボン・ホステル」 =1月30日、大阪市浪速区(前川純一郎撮影)

 南海電鉄の今宮戎(いまみやえびす)駅(大阪市浪速区)近くの高架下に2月1日開業する宿泊施設「ボン・ホステル」で30日、報道関係者向けの内覧会が開かれた。相部屋中心で、シャワーなどを共用として1ベッドあたり3千円からの低価格を実現。一人旅や大人数のグループ旅行をする訪日外国人の宿泊ニーズを取り込む。(石川有紀)

相部屋16室・個室3室

 「ボン・ホステル」は、宿泊予約サイト運営の百戦錬磨(仙台市)が経営。鉄骨造り平屋建て、床面積824平方メートル。客室は6~7人用の相部屋16室と3~4人用の個室3室の19室で計110人が宿泊できる。併設のカフェバーでは、百戦錬磨の宿泊予約サイト「ステイジャパン」で扱う地方への旅行情報も発信する。

 南海電鉄では平成26年から難波駅より南の高架下に商業施設「エキカン」を整備しており、今後、新今宮駅まで計約1・4キロの開発を進める方針。高架下への宿泊施設誘致は初で、佃(つくだ)吉朗取締役は「ミナミの観光地へのアクセスが良く、深夜まで鉄道の音も聞きながらにぎやかに楽しんでほしい」と話した。

「カフェテル」や高級カプセルホテルも

このニュースの写真

  • 格安「高架下ホテル」インバウンドに照準 南海電鉄「ボン・ホステル」2月1日開業
  • 格安「高架下ホテル」インバウンドに照準 南海電鉄「ボン・ホステル」2月1日開業

「産経WEST」のランキング