産経WEST

中部の12月需要電力量、前年同月比6・4%増

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中部の12月需要電力量、前年同月比6・4%増

 中部電力が29日発表した中部地域の2017年12月の需要電力量は、前年同月比6・4%増の109億1500万キロワット時となり、2カ月連続で前年実績を上回った。自動車やスマートフォン用半導体の関連工場の生産増加が寄与した。米国や中国向けの輸出が好調とみられる。

 商業施設や工場向けの「高圧・特別高圧」(電圧6千ボルト以上)の契約は、5・4%増の73億5800万キロワット時だった。

 家庭や小規模商店向けの「低圧」(電圧100ボルトと200ボルト)の契約は、8・7%増の35億5700万キロワット時。平均気温が前年より低めに推移し、暖房設備の利用が伸びた。

「産経WEST」のランキング