産経WEST

【関西の議論】建設ラッシュで沸く京都、その影で遺跡調査員の人手不足が深刻…開始まで4カ月待ちの異常事態 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
建設ラッシュで沸く京都、その影で遺跡調査員の人手不足が深刻…開始まで4カ月待ちの異常事態 

無数の穴が出土する平安京左京域の調査現場。遺構の解釈や図面化はベテラン調査員でも難しい 無数の穴が出土する平安京左京域の調査現場。遺構の解釈や図面化はベテラン調査員でも難しい

 観光客の急増と宿泊施設の不足から、京都市内はかつてない建設ラッシュに沸いている。古都・京都では、平安京跡で建物を新しく建てる際には地中の調査が欠かせないが、発掘調査が始まるまでに、4カ月待ちの異常事態だという。これは発掘に携わる調査員が不足しているためで、さらに長い歴史が刻まれた複雑な遺構を正確に検出できるベテランの高齢化が進む一方、若手が少ないことが順番待ちに拍車をかける。後継者不足に悩む古都の発掘現状をリポートする。(園田和洋)

千年の都、地中は複雑

 平安京は延暦13(794)年の遷都以来1100年にわたり都が置かれた。その間に埋め立てと造成が繰り返された地中は各時代の生活の痕跡が複雑に絡まり、発掘調査は全国屈指の難しさといわれる。

 一つの層に一つの時代の遺構のみが刻まれているかといえばそうではなく、別の時代の遺構が混在することもあるため、解釈が難しい。検出した穴一つとっても、柱穴だけでなく井戸やごみ穴の可能性もある。

 わずか数百平方メートルに数百、数千の穴が現れ、どれがどう結びつくのか見当もつかないことさえあるという。そんな中で調査員は遺構の性格を見極めながら手際よく調査を進め、図面化することが求められる。

 京都市内の発掘調査をコーディネートする同市文化財保護課の馬瀬智光・埋蔵文化財係長は「他府県で発掘経験が豊富な人でも、平安京をいきなり調査するのは難しい」と指摘。調査を民間に発注する際は、平安京での調査経験を持つ調査員が所属する団体を使う“一見さんお断り”を採る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 建設ラッシュで沸く京都、その影で遺跡調査員の人手不足が深刻…開始まで4カ月待ちの異常事態 

「産経WEST」のランキング