産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ロサリオに“フィルダー伝説”再現…「右」対決だ!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
ロサリオに“フィルダー伝説”再現…「右」対決だ!

阪神の新外国人、ウィリン・ロサリオ内野手 阪神の新外国人、ウィリン・ロサリオ内野手

 ロサリオに“フィルダー伝説”の再現を-。阪神の新外国人ウィリン・ロサリオ内野手(28)に対して金本監督は沖縄・宜野座春季キャンプで特別待遇を行わないことを明言しましたが、もっと日本流を覚え、予習する最善手があります。桑原や青柳ら右のサイドハンド投手とより多く、対決させるのです。89年に阪神入団したセシル・フィルダーは春季キャンプで右のサイドハンド御子柴にキリキリ舞い。ステイバックを訓練した結果が38本塁打。翌年からメジャーで2年連続キングを獲得する“大化け”につながったのです。フィルダーの足跡がロサリオを成功に導くはずです。

■日本式の猛練習を覚悟…そこで最善手をアドバイス

 いよいよ春季キャンプのスタートまで秒読み段階になりました。3年目を迎える金本阪神も沖縄・宜野座が一軍、高知・安芸が二軍に分かれて約1カ月間の厳しいキャンプに突入します。春季キャンプの投打の注目ポイントはハッキリしています。投手では2年連続の成績不振だった藤浪が復活するのか。打者では4番を期待する新外国人ウィリン・ロサリオが期待通りの選手なのか。

 「今年のウチはもうハッキリしていると思う。投手では藤浪が先発ローテを守れるのかどうか。打者ではロサリオが本物かどうか。2人が期待通りなら優勝争いは必ずするだろうし、13年ぶりの優勝も近づいてくる。それが逆なら優勝争いどころか、下位低迷の心配もある。春季キャンプでの2人の状況を見ればウチの今季はだいたい見通しが立つのではないか」

 これが球団関係者の言葉です。まさにその通りでしょうね。

 金本監督は打者の最大のキーパーソンに対して特別待遇の排除を明言しました。春季キャンプでは福留、糸井、鳥谷のベテラン3選手に対しては練習メニューなど特別待遇を許し、自主性に任せる方針です。「ウチのレギュラーは3人」という信頼感があればこそですが、ロサリオには一切の自主性を許さない方針だそうです。

 その心は他の選手と同じメニューを消化させ、キャンプでの行動日程を共にさせることで日本流に早く慣れさせる…という狙いです。ロサリオも金本監督の要求通り、春季キャンプ初日から日本式の厳しい練習を消化する覚悟です。まあ、キャンプの練習メニューを他の選手と一緒に行うことがニュースになるのも、何かと外国人選手が注目される阪神ならでは? かもしれません。阪神のチーム関係者やファンはとにかくロサリオには絶対、成功してほしいと願っていますね。

 そこでロサリオが日本野球を切実に実感し、シーズン開幕までに順応するための最善手をアドバイスしてみようと思います。

右のパワーヒッターで「荒熊」の異名、あの男…

このニュースの写真

  • ロサリオに“フィルダー伝説”再現…「右」対決だ!

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング