産経WEST

“名古屋メシ”の定番調味料「八丁味噌」でブランド論争 国が本場抜きで認定、岡崎の老舗2社不服申し立てへ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“名古屋メシ”の定番調味料「八丁味噌」でブランド論争 国が本場抜きで認定、岡崎の老舗2社不服申し立てへ

「カクキュー」ブランドを展開する「八丁味噌」社の蔵=愛知県岡崎市 「カクキュー」ブランドを展開する「八丁味噌」社の蔵=愛知県岡崎市

 農林水産省が昨年12月に産地の風土と結びついた地理的表示(GI)ブランドと認めた愛知の豆みそ「八丁味噌」を巡り、江戸時代からの製法を守る本場・同県岡崎市の老舗2社が、登録から外れたことが26日分かった。

■「岡崎城から西へ8丁」味噌なのに…

 「GI」のお墨付きマークが付けられるのは、県内の幅広い業者で組織する名古屋市の組合のみそ。組合に加入していない「まるや八丁味噌」社と「カクキュー」ブランドを展開する「八丁味噌」社の老舗2社は国へ不服申し立てする構えだ。

 八丁味噌の名称は、徳川家康が生まれた岡崎城から西へ8丁(約870メートル)の八帖町に由来。2社はこの地域内で温暖な気候を利用して大豆を入れた木のおけに、石を積み長期熟成させる伝統手法を守ってきた。

 2社は「県内に生産地域を広げ製法の基準を緩くすれば、品質を保てず顧客をだますことになる」と主張。愛知県組合は「県の共有財産としてブランド登録された」との認識を示す。

 2社と愛知県組合の双方が申請した審査では、統一に向け約2年の調整が続いたが溝は埋まらなかった。農水省は「不幸な結果となったが、海外の偽物から守るため登録を優先した」と説明。2社には認定した枠組みへの参加を促す。

続きを読む

このニュースの写真

  • “名古屋メシ”の定番調味料「八丁味噌」でブランド論争 国が本場抜きで認定、岡崎の老舗2社不服申し立てへ
  • “名古屋メシ”の定番調味料「八丁味噌」でブランド論争 国が本場抜きで認定、岡崎の老舗2社不服申し立てへ

関連ニュース

「産経WEST」のランキング