産経WEST

光り輝く兵庫県政150年、県庁にイルミネーション

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


光り輝く兵庫県政150年、県庁にイルミネーション

県庁別館前に掲げられた県政150年をPRするイルミネーション=神戸市中央区 県庁別館前に掲げられた県政150年をPRするイルミネーション=神戸市中央区

 7月12日で県の成立から150年となるのを前に、神戸市中央区の県庁別館南側壁面に「県政150周年記念事業」のロゴマークをあしらったイルミネーションがお目見えした。

 縦約2メートル、幅約5・6メートルで、県を形成する旧五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)を意味する5本線や、HYOGOの頭文字「H」などを発光ダイオード(LED)で表現。県マスコットの「はばタン」も描かれている。

 点灯は日の入りから翌日午前8時まで。県の担当者は「道路沿いで目立つ場所。県政150年を知ってもらえれば」と話している。

 同じイルミネーションは、神戸市で昨年末に開催された光の祭典「神戸ルミナリエ」でも展示しており、今年末のルミナリエでも利用する予定という。

「産経WEST」のランキング