産経WEST

大阪空港で重さ500キロボード倒れる 女性1人けが 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪空港で重さ500キロボード倒れる 女性1人けが 

工事現場を仕切る石膏ボードが倒れた現場=大阪(伊丹)空港(関西エアポート提供) 工事現場を仕切る石膏ボードが倒れた現場=大阪(伊丹)空港(関西エアポート提供)

 24日午後1時ごろ、大阪(伊丹)空港北ターミナルの手荷物検査場近くで、工事用に設置された重さ約500キロの石膏(せっこう)ボードが倒れた。30代の女性警備員が逃げる際に転倒し、病院に搬送されたが軽いけが。

 兵庫県警伊丹署によると、ボードは高さ約4メートル、幅約8メートル、厚さ約1センチ。屋外の工事現場とターミナル内を仕切るために設置されていたが、強風の影響で倒れたという。

 空港を運営する関西エアポートによると、現場は約3時間半後に復旧が完了。運航への影響はなかった。

「産経WEST」のランキング