産経WEST

児相一時保護所で16歳少年自殺 シーツで首をつる 愛知

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


児相一時保護所で16歳少年自殺 シーツで首をつる 愛知

 愛知県岡崎市の西三河児童・障害者相談センター(児童相談所)の一時保護所に入所していた少年(16)が23日に自室で自殺していたことが24日、分かった。県が明らかにした。

 県によると、23日午後6時ごろ、一時保護所の自室で、少年がシーツで首をつっているのを職員が見つけた。病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。

 少年は深夜の徘徊や家出を繰り返し、11日から入所していた。県警が調べた結果、自殺と判断されたとしている。

「産経WEST」のランキング