産経WEST

【銀幕裏の声】“雪の妖精”を追いかけ北海道へ…写真家になった元京都府警警察官

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
“雪の妖精”を追いかけ北海道へ…写真家になった元京都府警警察官

木の枝の上で翼を休めるシマエナガ(山本光一さん撮影) 木の枝の上で翼を休めるシマエナガ(山本光一さん撮影)

 北海道やサハリンにしか生息しない、日本で2番目に小さい野鳥「シマエナガ」の写真を撮り続けている“異色カメラマン”がいる。元京都府警の警察官、山本光一さん(52)。主な撮影地は、綾瀬はるか主演のNHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」や渡辺謙主演の映画「許されざる者」のロケ地としても知られる北海道の阿寒摩周国立公園。シマエナガの1年を追いかけ、シャッターでとらえた初の写真集「シマエナガさんの12カ月」(河出書房新社)が刊行された。「雪だるまのように白く、モフモフとしたかわいい姿から“雪の妖精”と呼ばれ、そのつぶらな瞳に見つめられると心が癒やされるんです」。シマエナガに魅せられ、酷寒の地に住み着いた山本さんは熱く語った。   (戸津井康之)

雪の妖精

 木の上に止まって、ちょこんと首をかしげるシマエナガ。雪と同化したかのようにじっと動かないシマエナガはふっくらと丸いまんじゅうのよう…。

 山本さんが北海道の大自然の中で、とらえたシマエナガの愛らしい姿は純真無垢(むく)な赤ちゃんのようであり、まさに雪の妖精だ。

 エナガは世界に広く分布するが、頭部が真っ白い毛で覆われているのは、日本では北海道に生息する亜種シマエナガのみという。

 「シナエナガの“シマ”の意味は“縞(しま)”ではなく“島”。つまり北海道を示しているんですよ」と山本さんは説明する。

続きを読む

このニュースの写真

  • “雪の妖精”を追いかけ北海道へ…写真家になった元京都府警警察官
  • “雪の妖精”を追いかけ北海道へ…写真家になった元京都府警警察官
  • “雪の妖精”を追いかけ北海道へ…写真家になった元京都府警警察官

「産経WEST」のランキング