産経WEST

【宝塚歌劇】「漫画史上に残る名作」を熱演 宝塚・花組新人公演「ポーの一族」聖乃あすか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【宝塚歌劇】
「漫画史上に残る名作」を熱演 宝塚・花組新人公演「ポーの一族」聖乃あすか

花組新人公演「ポーの一族」で主人公を演じた聖乃あすか(右)とヒロインを務めた城妃美怜(左) 花組新人公演「ポーの一族」で主人公を演じた聖乃あすか(右)とヒロインを務めた城妃美怜(左)

 宝塚歌劇団花組公演「ポーの一族」の新人公演が23日、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)で行われた。新人公演は入団7年目までの団員で宝塚、東京で各1日、上演される。新人公演の初主演となった入団4年目の男役スター、聖乃(せいの)あすかが、本公演では同組トップ、明日海(あすみ)りお演じる主人公のエドガーを熱演した。

 萩尾望都(もと)氏の名作漫画を下敷きにしたミュージカル。主演の聖乃は、立ち姿も美しく、バンパネラ(吸血鬼)となり、年をとらず永遠に生き続ける美少年の主人公を印象的に表現。ヒロインを務めた城妃美怜(しろき・みれい)は大人の魅力的な女性を演じきった。

 カーテンコールのあいさつで聖乃は「漫画史上に残る名作。エドガーとして生き抜く難しさを感じ、課題はまだまだたくさんあります」と語った。「バンパネラとして懸命に生きるエドガーのように一瞬一瞬を大切に、心に残る舞台を目指して努力していきます」と意気込みを述べ、客席からの大きな拍手を浴びた。

 終演後の取材で聖乃は「明日海さんのエドガーには果てしなく遠いです」と反省しきり。もっとも、ラストシーンでゴンドラに乗って客席を見たときは「気持ち良かったです」とも。今作で改めて舞台に立つ楽しさ、新鮮さを知るとともに、「この役に出合い、誰かを思う優しい気持ち、周囲への感謝を感じることもできました」。収穫も大きかったという。

 本役の明日海からは「リラックスしてけがのないように」と言われた。“永遠の美少年”役ゆえ、容姿から細かく役作りをしている明日海から化粧法も学んだそう。「人間ではない役。透明感のある肌に見せるよう、ベースメークから研究しました」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「漫画史上に残る名作」を熱演 宝塚・花組新人公演「ポーの一族」聖乃あすか

関連トピックス

「産経WEST」のランキング