産経WEST

【動画】春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か

国内最古級の日本刀と確認された「古伯耆」=22日午後、奈良市の春日大社(渡辺恭晃撮影) 国内最古級の日本刀と確認された「古伯耆」=22日午後、奈良市の春日大社(渡辺恭晃撮影)

 春日大社(奈良市)の宝庫で昭和14年に見つかった太刀が、伯耆(ほうき)国(現在の鳥取県中西部)の刀工によって平安時代後期に製作された最古級の日本刀と判明し、同大社が22日、発表した。刀身には使用したり研いだりした形跡がほとんどなく、「当時の長寸太刀は現存数が少なく、貴重な資料」としている。30日~3月26日に大社国宝殿で公開される。

 太刀は無銘だが、刀身の古さから“天下五剣”に数えられる国宝「童子切(どうじぎり)」(東京国立博物館蔵)で名高い刀工「安綱」作の可能性もあり、南北朝~室町時代初期に武家から奉納されたとみられる。

 太刀の刀身は刃長82・4センチ、反り3センチ、幅3・3~2センチ。昭和14年に宝庫の解体修理の際に天井から見つかった太刀の一振りで、刀身が錆(さび)に覆われていたことから、人間国宝の本阿彌光洲(ほんあみ・こうしゅう)氏に研磨を依頼していた。

 この際、東京国立博物館の酒井元樹・主任研究員が調べたところ、反りの形状から、平安時代後期の太刀と判明。地鉄(じがね=肌模様)や刃文などから伯耆国の刀工が製作した「古伯耆物」と分かった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か
  • 春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か

関連ニュース

「産経WEST」のランキング