産経WEST

京大iPS細胞研の論文に図データ改竄と捏造 大学調査委認定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京大iPS細胞研の論文に図データ改竄と捏造 大学調査委認定

iPS細胞に関する論文で捏造で謝罪する山中伸弥教授、湊長博理事(左から)=22日午後、京都市左京区の京都大学(寺口純平撮影) iPS細胞に関する論文で捏造で謝罪する山中伸弥教授、湊長博理事(左から)=22日午後、京都市左京区の京都大学(寺口純平撮影)

 京都大は22日、京都大iPS細胞研究所の山水康平・特定拠点助教の論文について捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)があったと発表した。

 捏造と改竄があったのは昨年3月に発表された、ヒトiPS細胞に由来する管内皮細胞や周皮細胞などの作製に関する論文。山水助教が筆頭・責任著者となっている。論文を構成する主要な図6個全てと補足図5個で、論文が主張する方向に有利になるように数値が操作されており、大学が設置した調査委員会は捏造と改竄があったと認定した。

 京大によると、山水助教が共著の論文の信憑性(しんぴょうせい)について疑義があるとの情報がiPS細胞研究所に寄せられ、同研究所相談室が保存されていた1次データを基に論文に掲載されたグラフの再構成を試みた。しかし論文どおりのグラフを再現できなかったため、外部委員を含む調査委員会が昨年9月から調査を進めていた。

 大学は論文の撤回を出版社に申請中で関係者を処分する方針。

▼【関連ニュース】「印税に心売ったか!?」小保方手記に憤怒の声 理研で回し読みされたメディア〝実名暴露〟

▼【関連ニュース】STAP問題 夢の細胞は夢のまま 小保方氏自ら存在を証明できず

▼【関連ニュース】関西の議論 トイレまで小保方氏深追いしたNHK、右手けがで実験に“支障”…「集団リンチ」と代理人を激高させたNスペの顛末

▼【関連ニュース】関西の議論 ニセ誕生日情報まで出回る小保方氏、3カ月ぶりの姿も「魔術使って不正持ち込むのでは」…理研内外で収まらぬ騒動、炎上の検証実験

▼【関連ニュース】STAP細胞 朝日新聞おわび 小保方さん揶揄する不適切ネット記事 「小保方氏が『大人AKB48』で歌手デビュー!」

「産経WEST」のランキング