産経WEST

【衝撃事件の核心】「きょう打ち明けようと思った」バケツにコンクリ詰めの乳児4遺体、出産から20年後に自首した母親の罪業

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「きょう打ち明けようと思った」バケツにコンクリ詰めの乳児4遺体、出産から20年後に自首した母親の罪業

斉藤真由美被告 斉藤真由美被告

 周囲に妊娠を秘していても、おなかが大きくなれば気づかれるのが普通だ。ただ母親のもともとの体形によっては、分からないこともあり得る。周産期医療にかかっていなければ、医療機関や行政も胎児の存在を把握できない。

 2人は物心がつくまで育てられ、4人はすぐに捨てられた。生死を分けた理由は何なのか。この点について斉藤被告は「周囲が妊娠に気づいたため(2人を)育てた」と供述した。

 つまりは偶然の事情に過ぎなかったことになる。

突然へこんだおなか

 遺棄された4人を出産したとされる当時の自宅アパートは数年前に取り壊され、現在は更地になっている。

 4人は父親にも、だれにも気づかれず、その短すぎる生涯を閉じたのか。

 近所に住む女性に話を聞くと、当時のことをよく覚えていた。しかも「妊娠していたはずなのに、おなかが突然へこんでいたということが3回くらい続いた」と証言した。

 女性は近くの銭湯に通っていた。そこに斉藤被告も来ていたのだという。直接裸を見ていたから、気づくことができたのかもしれない。

 しかし、おなかが小さくなっても、赤ちゃんの姿は見ない。「おかしいな」と思ったが、それ以上深く気に留めなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「きょう打ち明けようと思った」バケツにコンクリ詰めの乳児4遺体、出産から20年後に自首した母親の罪業

関連トピックス

「産経WEST」のランキング