産経WEST

【軍事ワールド】自衛隊に新装備続々 イージス・アショア、長距離誘導弾に国産対艦ミサイルも…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
自衛隊に新装備続々 イージス・アショア、長距離誘導弾に国産対艦ミサイルも…

米ロッキード・マーチン社によるLRASMの広報画像。外部からの情報支援がなくとも単独で任務を遂行できるとされる(ロッキード・マーチン社HPより) 米ロッキード・マーチン社によるLRASMの広報画像。外部からの情報支援がなくとも単独で任務を遂行できるとされる(ロッキード・マーチン社HPより)

 北朝鮮の核・ミサイル開発に加え、尖閣諸島近辺での中国の不穏な動きなど、日本の安全保障は厳しい環境に囲まれている。こうした動きに対処するため、政府は自衛隊には過去なかった新装備の導入を次々と決定した。イージス・アショアや長距離誘導弾といった新装備は、自衛隊の装備体系を現実の脅威に即したものへ刷新することになる。(岡田敏彦)

 陸のイージス艦

 1月10日、小野寺五典(いつのり)防衛相は米ハワイで、日本の防衛力を大きく高める最新装備「イージス・アショア」の実験施設を視察した。アショアとは陸地や浜辺を示す英語で、イージスは米海軍や日本の海上自衛隊が装備する「イージス艦」にちなむもの。そもそも「イージス」はギリシャ神話に登場する無敵の盾の名前で、米国の艦隊防空レーダー・ミサイルシステムに付けられた名であり、そのシステムを搭載した艦を「イージス艦」と総称している。

 敵戦闘機や攻撃機など約130個の目標を同時に捕捉、追跡でき、搭載するSM2ミサイルで迎撃できる。また高性能なレーダーをいかし、SM3ミサイルを用いれば北朝鮮の弾道ミサイルも迎撃可能だ。イージス・アショアとは、このイージス艦の機能をそのまま陸上に設置したものといえる。

 陸上に設置する利点は多岐にわたる。「アショア」の導入費用(価格)は約800~1千億円で、イージス艦(約1千500億円)の3分の2と割安に済む。さらにマンパワーの省力化も大きなメリットだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自衛隊に新装備続々 イージス・アショア、長距離誘導弾に国産対艦ミサイルも…
  • 自衛隊に新装備続々 イージス・アショア、長距離誘導弾に国産対艦ミサイルも…
  • 自衛隊に新装備続々 イージス・アショア、長距離誘導弾に国産対艦ミサイルも…
  • 自衛隊に新装備続々 イージス・アショア、長距離誘導弾に国産対艦ミサイルも…
  • 自衛隊に新装備続々 イージス・アショア、長距離誘導弾に国産対艦ミサイルも…
  • 自衛隊に新装備続々 イージス・アショア、長距離誘導弾に国産対艦ミサイルも…

関連ニュース

「産経WEST」のランキング