産経WEST

神戸山口組系会長暴行死事件初公判、山口組系幹部「偶発的に起こった」と共謀否認 和歌山地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸山口組系会長暴行死事件初公判、山口組系幹部「偶発的に起こった」と共謀否認 和歌山地裁

 和歌山市で2016年10月、指定暴力団神戸山口組系の会長だった男性に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた指定暴力団山口組系倉本組の幹部坂上浩二被告(50)=同市=ら4人に対する裁判員裁判の初公判が15日、和歌山地裁(武田正裁判長)で開かれ、組員の被告(49)1人が暴行を認めたが、共謀については4人全員が否認した。

 冒頭陳述で検察側は「男性から挑発を受け、暴力を加える共通の動機があった」と主張。弁護側は「両組に対立構造はなく、面識もなかった」とした上で、「事件は偶発的に起こった」と反論した。

 事件では同組のほかの幹部ら4人が同罪などで起訴され、有罪判決が確定している。

 起訴状によると、8人は共謀し、平成28年10月9日午前1時ごろ、和歌山市の路上で当時の神戸山口組系紀州連合会の会長=当時(50)=に対し、頭付近を複数回蹴るなどして死亡させたほか、会長の知人らにも暴行を加えたとしている。

「産経WEST」のランキング