産経WEST

【関西の議論】失敗したら死…延暦寺の荒行「千日回峰行」、一日体験で“悟った”こと

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
失敗したら死…延暦寺の荒行「千日回峰行」、一日体験で“悟った”こと

比叡山の山中で急な坂道を登る一日回峰行の参加者ら=平成29年11月、大津市 比叡山の山中で急な坂道を登る一日回峰行の参加者ら=平成29年11月、大津市

 約千日間、比叡山の山中などを祈りながら歩き続ける荒行として知られる比叡山延暦寺(大津市)の「千日回峰行」。走破する距離は地球1周分の約4万キロに上り、9日間断食・断水・不眠・不臥(が)で不動真言10万回を唱える「堂入り」など、その過酷さで知られる。記録が残る元亀2(1571)年の比叡山焼き打ち以降、50人以上が達成。ひとたび行に入ったら投げ出すことは許されず、かつては失敗したら自死が求められたとされる。平成29年9月に、延暦寺一山善住院(大津市)住職、釜堀浩元さん(43)が満行したことは記憶に新しい。一体どんな修行なのか。一日体験できる「一日回峰行」が行われていると知り、参加した。(北野裕子)

参加に身震い

 昨年11月の夕方。比叡山の研修道場「居士林(こじりん)」へ向かった。山中は既に冷え込みが厳しい。寒さとここ数年の運動不足という不安を抱えての参加とあって身震いした。

 平成29年は今回も含めて、一日回峰行は計7回実施された。最終回の今回は96人が参加。案内してくれた僧侶は「こんなに多いのは珍しい」と話す。釜堀さんの満行という話題もあり、関心が高まっているという。

 参加者はOL、サラリーマンから他の寺院の僧侶までさまざま。一日回峰行ではさすがに「堂入り」はないが、夜間の比叡山中で行者と同じコースを約20キロ歩く体験をする。この日は参加者が多いため、男女2グループに分かれて歩くことになった。

真っ暗な闇・闇・闇・…漆黒の恐怖、山中で滑り尻もち、そして

このニュースの写真

  • 失敗したら死…延暦寺の荒行「千日回峰行」、一日体験で“悟った”こと
  • 失敗したら死…延暦寺の荒行「千日回峰行」、一日体験で“悟った”こと

「産経WEST」のランキング