産経WEST

深夜の御堂筋でひき逃げ、容疑でタクシー運転手を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


深夜の御堂筋でひき逃げ、容疑でタクシー運転手を逮捕

 タクシーを運転中に男性をはねて負傷させ、逃げたとして、大阪府警南署は14日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で、大阪市住吉区南住吉のタクシー運転手(71)を逮捕した。「ぶつかったが人とは分かりませんでした」と供述している。

 逮捕容疑は、14日午前1時55分ごろ、同市中央区心斎橋筋の御堂筋で、横断歩道を歩いて渡っていた男性(41)をはねて腰の骨を折るなど重傷を負わせ、逃走したとしている。

 同署によると、現場は道頓堀橋北側にある交差点。防犯カメラなどから関与が浮上した。容疑者は「落下物か縁石にタイヤを当てたくらいに思っていた」とも供述しており、詳しい状況を調べている。

「産経WEST」のランキング