産経WEST

〝西郷どん新幹線〟出発式 6月上旬まで運行

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


〝西郷どん新幹線〟出発式 6月上旬まで運行

「西郷どん新幹線」の出発式でテープカットする鈴木亮平さん(中央)ら=14日午後、JR博多駅 「西郷どん新幹線」の出発式でテープカットする鈴木亮平さん(中央)ら=14日午後、JR博多駅

 JR九州は、NHK大河ドラマ「西郷どん」の放送開始を受け、九州新幹線鹿児島ルート(博多-鹿児島中央)で登場人物の写真などをラッピングした「西郷どん新幹線」の運行を始め、14日博多駅で出発式をした。運行期間は6月上旬まで。

 800系の1編成で、全6両の外壁に西郷を演じる鈴木亮平さんや大久保利通役の瑛太さん、桜島の写真などをあしらった。13日から運行を始めた。

 出発式には鈴木さんも参加。鹿児島県の三反園訓知事らの合図で鈴木さんらが乗り込んだ新幹線が出発した。青柳俊彦社長は「九州だけでなく、日本中に西郷どんの舞台をPRしたい。新幹線に乗って鹿児島に出かけ、良さを体験してほしい」と話した。

 ドラマの放送は7日から始まっている。

「産経WEST」のランキング