産経WEST

【将棋】藤井聡太四段、朝日杯本戦で澤田六段に勝利

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
藤井聡太四段、朝日杯本戦で澤田六段に勝利

朝日杯本戦1回戦で澤田真吾六段(左)に勝ち、取材に応じる藤井聡太四段=14日午前、名古屋市東区 朝日杯本戦1回戦で澤田真吾六段(左)に勝ち、取材に応じる藤井聡太四段=14日午前、名古屋市東区

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は14日に名古屋市内で行われた朝日杯将棋オープン戦本戦1回戦で先手の澤田真吾六段(25)に勝ち、準々決勝進出を決めた。藤井四段の公式戦通算成績は57勝11敗となった。

 藤井四段は終局後、「角換わりから一気に激しい展開になり、早指しらしくどんどん踏み込んでいけた」と語り、澤田六段は「積極的に指そうとしたが、1手読み抜けがあり、うっかりが修正がきかなくなってしまった」と話した。

 準々決勝は14日午後2時から、佐藤天彦名人と永瀬拓矢七段との勝者と対戦する。

「産経WEST」のランキング